気を付けよう!妊娠と栄養素の関係性について

妊娠が分かった時には

妊娠が分かった時点で、摂取しておきたい栄養素が葉酸です。正常な細胞分裂を促す働きのある栄養素で、赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げる働きがあると注目を集めています。それ以外にも妊婦の貧血予防に有効な鉄分や骨を作るカルシウム、体を作るために欠かせないタンパク質を積極的に摂取しておくと良いでしょう。ただ、妊娠初期の段階であれば葉酸はしっかりと摂取するようにしても、それ以外の栄養素に関しては極端に量を増やす必要はありません。食事の量やカロリーを増やすのではなく、バランスの良い食事を心がけることがおすすめです。多少の食べ過ぎは問題ありませんが、過剰に食べ過ぎる状態になった場合は運動をするなど体を動かすようにすると良いでしょう。

妊娠中期から後期の栄養素

妊娠中期から、摂取量を増やしたい栄養素が鉄分です。赤ちゃんの体が大きくなるにつれ、多くの鉄分が必要になるためしじみやゴマなど、鉄分が多い食事を積極的に食べるようにすると良いでしょう。鉄分は、ビタミンCと一緒に摂取をすると吸収率が高くなるので、野菜なども積極的に食べることがおすすめです。そして、赤ちゃんの脳の発達に欠かせないのが、DHAとEPAに多く含まれているオメガ脂肪酸です。青魚などに多く含まれている栄養素で、血液をサラサラにする働きも期待することができます。それ以外にも、骨格を作るカルシウムなども積極的に摂取しておくことが大切です。妊娠中期に入ったら、必要な栄養素や量を意識しながら食事をすることがおすすめです。

© Copyright Egg Provision Program. All Rights Reserved.