どんなものがあるの?不妊治療について

不妊治療の第一歩として

一般的に、最初に用いられる治療法が「タイミング法」です。タイミング法とは、女性の排卵のタイミングに合わせて受精するように、夫婦生活のスケジュールを医師と組んでいきます。自然に妊娠がしたいと強く希望する夫婦に最適な治療法とも言われています。女性の排卵がきちんと行われているかを医師に診察してもらい、排卵のタイミングを予測するために、基礎体温を毎日計測します。基礎体温だけでなく、超音波検査、おりものの状態、尿中の黄体ホルモンからも排卵のタイミングが予測できるので、それらを合わせて排卵日を予測し、夫婦生活を行なって受精を目指します。超音波検査はあるものの、一番身体への負担も少ないことから、タイミング法から始める夫婦も多いです。

よりも受精率を上げるために

タイミング法からのステップアップとして、一般的に次に行われる治療法が「人工受精」です。男性の精子から運動量が良いものだけを取り出し、女性の排卵のタイミングに合わせて、子宮内へ注入します。タイミング法よりも卵子と精子の出会う確率があがる治療法です。また、運動量の良い精子を選んで女性の体内へ注入することで、受精率も上がります。卵子を取り出すことなく受精を目指すので、女性の身体への負担も少ない方法です。次のステップの「体外受精」「顕微授精」から、高度不妊治療と言われます。女性の体内から卵子を取り出し、培養液のなかで精子と受精させてから、女性の体内へ戻していく治療です。どの治療法から始めるかは、夫婦の身体の状態などにも大きく関わってくるので、医師としっかりカウンセリングをしたいですね。

© Copyright Egg Provision Program. All Rights Reserved.